年次有給休暇を効果的に使う方法

スポンサーリンク
Pocket

年次有給休暇とは

日々のお仕事お疲れ様です。

意外にも最近になって有給休暇の使い方を改めた僕です。

もしかしたら僕みたいに勿体ない使い方をしている人もいるんじゃないか!?

ということで記事にしてみました。

良い機会だったので有給休暇について少し調べてみました。

会社によって異なる部分もあると思いますが、日本の法律(主に労働基準法)によると、

使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない(第39条第1項)。さらに1年間、8割以上継続出勤するごとに有給休暇は10労働日に加えて勤続2年6箇月目まで1労働日ずつ加算して付与され、勤続3年6箇月目からは2労働日ずつ加算して付与される。勤続6年6箇月経過時には20労働日に達し、以降は1年間の継続勤務ごとに20日を付与すればよい(第39条第2項)。

付与日数は、具体的には、以下の表の通りである。この日数はあくまで法定の最低基準(第1条)であり、これを減ずることはできない。

継続勤務年数 0.5年 1.5年 2.5年 3.5年 4.5年 5.5年 6.5年以上
法定最低付与日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

となっている。

ただし、基本的上記は毎日フルタイムで働いている人向けとなり、週に何回勤務するかによっても条件は変わってきます。

年次有給休暇の比例付与というのがあり、

1週間の所定労働日数が4日以下かつ所定労働時間が30時間未満の労働者、または1年間の所定労働日数が48日以上216日以下かつ所定労働時間が30時間未満の労働者については、その労働日数に比例した年次有給休暇が与えられる(第39条第3項、施行規則第24条の3)。これを年次有給休暇の比例付与という。

年次有給休暇の比例付与に該当する労働者における年次有給休暇の付与日数は、以下の表の通りである(労働基準法施行規則第24条の3)。

週所定

労働日数

年所定

労働日数

継続勤務年数
0.5年 1.5年 2.5年 3.5年 4.5年 5.5年 6.5年

以上

4日 169日~ 216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121日~ 168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73日~120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48日~

72日

1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

ここまでは、有給休暇が法律的に最低限付与されるであろう日数です。

僕は、有休とか呼んでますが正確には「年次有給休暇」なんですよね。

まずは、自分の会社、働き先での待遇をみてください。

上記表以上の日数が付与されているのであれば、日本国内においては優遇されているなと思っていいと思います。

反対に、法定最低未満であった場合は訴えていいレベルです!

[罰則]

第39条各項に違反した使用者(第39条各項は使用者の義務を定めているので、違反した使用者に対する罰則となる)は、6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる(第119条第1号)。

本記事の最後に少しだけ触れていますが、ただでさえ日本人は働かされ過ぎですから、労働者の当然の権利だと思ってください。

有給休暇の使い方

ここからが僕の言いたい事ですが、会社によってグレーゾーンになると思います。

しっかり見極めて自分の待遇を良くしていきましょう。

さて、半日有給休暇や、時間有給休暇の使い方です。

僕も今の会社に入る前はあまり意識していませんでした。

っていうか、このあたりは会社によってかなり様々なんじゃないでしょうか。

僕はいろんな会社にいたことがあり、会社独自のマイルールを虐げられてきました。

そもそも有給休暇が無かった会社もあったり(違法w)、時間有給休暇がなかったり。

半日有給休暇や時間有給休暇がないのであれば、まずはその辺をどう考えているのかを勇気を持って会社に確認してみて欲しい!

会社自体を相手に出来ないのであれば、上司や労働組合。

最悪、法の番人(弁護士)に戦ってもらいましょう。

日本人はお金の話になるとすぐ尻込みして主張しなくなりますが、自分のためです!がんばりましょう!!

※会社を良くするため!という大義名分を掲げれば一緒に戦ってくれる人もいるのでは!?

そもそも、有休の使い方って教えてもらいました?

僕は教えてもらったことがありませんでした。

結局は、そのケースに当たった時に上長へ確認するといった感じで。

一応会社規定なんかになんとなく書いてあったりするんですが、正確な使い方はわかりませんでした。

ちなみに、半日有給休暇や時間有給休暇についても法で謳ってある部分がありますが、読んでもぶっちゃけ良くわからなかったのであまり引用していません。

前置きが長くなってしましましたが本題です。

半日有給休暇、時間有給休暇が取れる前提で申し訳ないのですが、これらを僕なりに有効的(限りある資源を如何にして減らさず使うか。)に考えた結果下記のようになりました。

[前提仮定条件]

・時給1800円

・1日の勤務時間7.5時間

・勤務時間9:30~18:00

・お昼休み12:00~13:00

半日有給休暇の使い方

・午後半休の場合のみ使用する。が正解。

1日を7.5時間とした場合、半休とは3.75時間となります。

まず、この定義が会社によっては崩されると思ってます。

午前半休は何時間で、何時から何時ですか?

午後半休は何時間で、何時から何時ですか?

有給休暇とは、1日をお金と換算して仕事をお休みする権利ですので、この定義がなされていなければ、なぜなのかを上長とお話ししてみてください。

僕も過去にありました。午前半休は13時まで!とか、午後半休は13時から!とか。それでいて時間休がないとか理に適ってないですから!

※まぁ午後だけ見れば得するパターンもあるんですがね。

すみません、いつもの脱線に行く前に戻ります。

想定通りに正しい半分の休暇であった場合、

午前半休は9:30~13:45(お昼休み込み)

午後半休は13:45~18:00

となります。

が、後で言う時間有給休暇の使い方によって、半日休暇を取るのであれば、午後半休1択になるのがわかると思います。

時間有給休暇の使い方

1時間単位で取れることとします。

ここでもこの定義が会社によっては崩されると思っています。

時間休なのになぜ1時間単位で取れないのか!とか、そもそも時間休ねーじゃねーか!とか色々あります。ここも是非戦ってください。

ただし法には、

1時間以外の時間を単位として有給休暇を与えることとする場合には、

その時間数 2時間や3時間といった、1時間以外の時間を単位とする場合、1日の所定労働時間数と同じ又はこれを超える時間数を協定してしまうと、時間単位年休の取得が事実上不可能になってしまうことから、時間年休の単位は1日の所定労働時間数に満たないものとする。

という箇所もあるので気を付けましょう。

さて、1時間単位で時間休が取れたとします。

この場合、1日を分割することになるのですが、1日が7.5時間の場合は8回分(8時間)の時間休が取れます。あら不思議。30分増えたわ。

ここはなんとか解読できた法から引用しますと、

1日分の年次有給休暇が何時間分の時間単位年休に相当するかは、当該労働者の所定労働時間数を基に定めることになるが、所定労働時間数に1時間未満の端数がある労働者に不利益にならないよう、1日の所定労働時間数を下回らないよう協定する(規則第24条の4)。具体的には、1時間未満の端数は1時間に切り上げる必要がある。

となってますです。はい。

※上で挙げた「時間年休の単位は1日の所定労働時間数に満たないものとする。」とはちょっと矛盾してね?とは思いますが。

てなことなので、この30分増えた時間休を有効的に使った結果、下記のような事が起こります。

[午前半休と時間休の比較]

午前半休9:30~13:45

時間休で3時間分9:30~13:30

誤差15分なので大差ないように見えますが、午前半休は3.75時間を要します。

この活用方法であれば、15分だけがんばって早く来ることで3.75時間-0.15時間=0.5時間(30分)のお得となる訳です。

[午後半休と時間休の比較]

午後半休13:45~18:00

時間休で3時間分13:45~16:45

あれれ~。午前ではお得になったのに午後になったら損したぞ。

半休については変わらず3.75時間であり、時間休も変わりなく3時間なのに、終業時間まで1.15時間も足りません。0.15時間(15分)は午前中の誤差と同様です。

お昼休み1時間のマジックですね。

午後半休にはお昼休みが付いて来ませんから、1時間が勿体ない感じに浮いちゃいます。

なので、午後から帰りたいZE!などの場合は、午後半休を使うことをおすすめします。

もしも、融通の利く会社、上司であった場合には、お昼休みを後ろ倒しさせてくれないかと掛け合い、成功した場合には14:15~18:00の休暇にさせてもらい有意義に過ごすことも可能かも知れませんね!※ただしお昼ご飯は腹減っても我慢だZE!

ということで、午後を丸々時間休で取ると少し勿体ない感じになってしまうので注意です。

年次有給休暇のお得な使用方法まとめ

法によれば、

時間を単位として与えることができることとされる有給休暇の日数(5日以内)「5日以内」については、前年度からの繰越分も含めて判断する。

※おかしなことに半日休暇については規定されていないと思われる。

となっているようです。まともに受け止めるとすれば、時間として分割できる日数は5日。

5日(1日7.5時間)×8時間(1日を時間休に変換した場合)=40時間

となり、午前半休の使い方をフル活用した場合には、

40時間÷3時間(午前半休変わりに使う単位)=13回(小数点以下切り捨て)

お得時間0.5時間(30分)×13回=お得時間6.5時間

なので、上記の方法をフル活用した場合は年間6.5時間がお得となります。

これを時給換算すると、

年間6.5時間×1800円= 11,700円

の費用対効果がある!と言えます。

費用対効果と考えると下記のようになりました。

日数 金額
1日 33円
1ヵ月 975円
1年 11,700円
5年 58,500円

※1ヵ月は30日として計算。小数点第一位で四捨五入

日本で一生サラリーマンを続けた場合、勤務年数はだいたい30年以上となります。

今回記事にした年次有給休暇の取り方で、くそまじめに午前中休むから午前半休!みたいにやっている人と上の内容を自分に当てはめて考えた人とでは生涯収支、生涯休暇時間に差が出てきます。

お給料は上がらない世知辛い世の中ですからして絶対活用すべき!!

ぶっちゃけシステムで管理されて無かった場合は把握しておくのは大変だけど、この法律は利用する価値ありまっせ。

最後に、

興味本位で調べた結果愕然としたことがあります。

各国との平均給付日数と平均取得日数の比較です。

ちょっと戦意喪失しかねない内容ですが面白いとも思ったので載せておきます。

[有休を使い切る労働者の割合比較表]

国名 順位(高率順) 完全取得率
フランス 1 89%
アルゼンチン 2 80%
ハンガリー 3 78%
イギリス 4 77%
スペイン
サウジアラビア 6 76%
ドイツ 7 75%
ベルギー 8 74%
トルコ
インドネシア 10 70%
メキシコ 11 67%
ロシア
イタリア 13 66%
ポーランド
中国 15 65%
スウェーデン 16 63%
ブラジル 17 59%
インド
カナダ 19 58%
アメリカ合衆国 20 57%
韓国 21 53%
オーストラリア 22 47%
南アフリカ
日本 24 33%

[有給休暇の給付日数と取得日数比較表]

国名 順位(平均取得日数順) 平均給付日数 平均取得日数
フランス 1 37.4 34.7
スペイン 2 31.9 28.6
デンマーク 3 29.2 26.9
イタリア 4 32.3 26.5
ノルウェー 5 27.7 25.6
イギリス 6 27.9 25.5
ドイツ 7 27.6 25.5
スウェーデン 8 27.4 24.2
カナダ 9 19.7 17.5
オーストラリア 10 20 16.5
アメリカ 11 16.9 14
日本 12 16.6 9.3

フランス人働かなさすぎw まぁ、これで生活が成り立っているのであればうらやましい限りです。日本人の2倍以上休んでんじゃねーかよww

一方、日本人は働かされ過ぎです。。。

休みなく働いてもたいした給与ももらえず泣けてくるよ。ちくそー。

これじゃあ過労死もするし、うつ病にもなるよね。

ってことで、嫁よ、もっと僕を労わってくれw

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です