裁判員裁判体験レポート~第3章~

スポンサーリンク
Pocket

第3章 ひな壇

–2015年7月22日(水)回想–
朝から評議室へ直行。
前日に入館証をもらっていたので、今日はボディチェックも手荷物検査もなし。
関係者入口から入る。

集合時間の15分前についたせいか誰もいない。
暇だったので冷蔵庫でお茶を物色して喫煙所へ。ちなみに選択肢はお茶か水

東京地方裁判所

しばし放心し、席に戻ると裁判長主体で全体スケジュールの確認から始まる。
大雑把に3日間流れとしては、
冒頭手続き(法廷)⇒審理(法廷)⇒評議(評議室)⇒判決手続き(法廷)
となるそうだ。

今日は、冒頭手続き(法廷)にて初めてのひな壇へ。普通はひな壇側初めてですよね。
法廷の配置はみなさんご存知だと思いますが、大きく4ブロックになっています。
ひな壇:裁判官(裁判員等)
ひな壇から見て左:検察官
ひな壇から見て右:被告人、弁護士
ひな壇から見て正面(柵の向こう):傍聴席
その他ひな壇の横や前:係の者(モニター:傍聴席からも見られるものとそれ以外が見られるものあり。やその他設備の管理などなどしている人だと思われる。)
ちなみに冒頭手続きとは、裁判の予告編的なものでした。
裁判長から被告人に対して起訴された本人か否かの問いから始まり、検察、弁護士からは証拠として何を出すとかいうお話がある。

法廷への入り口は4か所あり、
傍聴席への出入り口
被告人側出入り口
被害者側出入り口
裁判官(裁判員等)出入り口
となっています。ここまではだいたいの人が知っているかと思うのですが、私が知らなかったことは、傍聴席以外は、裏が廊下で繋がってるんですねぇ。
また、小さな小部屋(待機室)があって、法廷に入る前段階で一旦ここに待機したりするんです。トイレも共通なんです。
ただ、被告人には警察官(今回の場合は留置所から付いてきたガタイのいい人が2人)が付いているし、ドア(出入口前)にはまた人が立っているし、入場時間もずらしてあるため危険性や事件性は少ないとは思いますが。なんでこういう作りなんだろう。

【冒頭手続き】
冒頭手続で行われる手続で主要なものは,裁判所に出頭した被告人が検察官により公訴を提起された者に間違いないかどうかを確かめる人定質問。審判の対象を 明らかにする起訴状朗読、被告人に対し黙秘権その他の権利を説明する権利告知、事件の争点を明らかにする被告事件についての陳述の機会の付与の4つ。

【審理】
裁判官等が取調べを行って、事実関係・法律関係等を明らかにすること。その行為。

【評議】
大勢集まって相談すること。

【判決手続き】
判決手続きとは、裁判所において、当事者での間の権利関係の存在を確定する手続きを言います。通常は訴訟という言葉で表されることが多いです。流れとして は第一審、控訴審、上告審というように進んでいきます。第一審では訴えによる提起や口頭弁論が行われます。その後判決という流れになります。その後納得で きない場合は控訴へと進み、高等裁判所の判断を仰ぎます。控訴審で誤りがある場合、最高裁判所による判断を仰ぐ、上告というものが行われていきます。
裁判員裁判で裁判員が出席するのは第一審のみです。

さて、予告編で聞いた内容をまとめると(選任日にもちょこっと聞いてるけど。)、
【今回の事件概要】
罪名:強盗傷人、窃盗
住所不定、無職、56歳、男性
事件前日、松戸駅近くのイトーヨーカドーにてハンマーを盗む。
事件当日、川崎、横浜、秋葉原などをうろうろし、ひったくりを行えそうな女性を探していたところ、なかなかターゲットを決められず、錦糸町に移動。
夜遅くなり、暖をとるためゲームセンターに入る。(事件当時2月)
そこにたまたまいた45歳の女性が、クレーンゲームをしようとしていたところを被告人が盗んだハンマーを鞄から取り出し後頭部をなぐりつけ、ハンドバッグを強奪しようとしたが、被害者の女性と目が合ったためそのまま逃走。
後日、浅草辺りをうろうろしていた被告人を警察官の職質により逮捕。
被告人は全て認めている。

となっている。
細かい内容は午後に説明が行われるので、裁判官(裁判員等)は一度評議室へ専用エレベータで戻ります。
基本的にこの繰り返しとなり、法廷と評議室の行き来で時間が過ぎていきます。
ちなみに、この評議室での内容は基本的には守秘義務が生じるため、このレポートを書くにも書いていいことダメなことがあるのでご了承ください。
感覚としては小中学生時代の道徳の時間がひたすら続いていると思ってください。

今回の論点は、被告人が全面的に罪を認めているので有罪は確定。
どのような刑になるかがゴールとなるようだ。
とりあえず人が死んでなくて良かった。

【守秘義務】
一定の職業や職務に従事する者・従事した者・契約をした者に対して、法律の規定に基づいて特別に課せられた、「職務上知った秘密を守る」法律上の義務のことである。

午後になり(お昼については別途「きょうの昼飯」を掲載)、法廷にて、
検察側、弁護人側からそれぞれ犯行内容、動機、証拠品などなどが細かい説明と共に提出される。
(法廷に行くのは2回目くらいからだいぶ慣れますね。毎回座る前に一同礼があります。)

ドラマや漫画などでお馴染みの光景を思い浮かべてもらえれば、たいしてハズレではないです。
ただ、「異議あり!」「静粛に!」みたいなのは一切ありませんでした。

刑事事件では、基本的にことが淡々と進んでいくようですね。
ですが、民事では細かい説明などあまりないようなので、傍聴するなら刑事が面白いでしょう。
検察側からの丁寧な説明があってわかり易いです。ちなみに、検察官3人のうち2人が若い女性でした。

話が少しそれましたが、検察側、弁護人側の話をそれぞれ聞き、評議室でまとめて本日は終了となります。

【事件内容追加】
前科が2つあった。(1つは婦女暴行、強盗殺人で17歳にして15年の懲役実績。)
現在は執行猶予中であった。
離婚歴あり。
20歳の息子がいる。
目的は、交際中だった女性との旅行費用(10万円~15万円)を調達するためであった。
お金を得るために、DVDやブルーレイなどの品物を万引きして換金する生活をしていた。
お金を得る手段で犯罪以外は思い浮かばなかった。
犯行目的でハンマーを万引きした。
今回起訴されている以外のことも出てきたが、上位の犯罪内容で考えるため考慮しないらしい。(電車の無賃乗車など。Suicaの履歴から判明。)

上記の追加事件内容も考慮していき、材料を揃えて最終評議をしていく。
明日は被害者の方も証言台に立ってくれるらしい。

余談だが、ここまで全くパソコンは使っていない。すげーアナログだ。
法廷で電子データをモニターしたのは検察側だけだし、評議室には1台だけノートパソコンが置いてあるが、常時使うわけではなく。
仕事中こんなにパソコン使わないのはどのくらいぶりだろうか。

ではまた明日。

☆きょうの昼飯:東京地方裁判所の評議室にて玉子屋弁当(500円)
通常の仕事場で取るより安かった。
ただ、あまり食欲がなく、いつもは軽く完食していたが今日は緊張のせいかちょいときつかった。
味はいつも通り。普通のちょっとだけボリュームのあるお弁当。
目の前で同じもの食べている裁判官(若い女性)は半分くらい残していた。
カロリーとか気にしているのだろう。キャラ的にはパンくわえて走り、まがり角でぶつかる系のドジッ子だと思われるのだが。
これがキャラ作りだとしたらかなり計算高い。というか周りは迷惑だろう。

裁判員体験記事リンクまとめ

裁判員裁判体験レポート~序章~

裁判員裁判体験レポート~序章~
裁判員制度 平成21年5月21日から裁判員制度が始まりました。 裁判員制度とは、国民のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい、被...
裁判員裁判体験レポート~第1章~
裁判員裁判体験レポート~第1章~
第1章 解けない緊張 --2015年6月7日(日)回想-- すっかり裁判員候補であることを忘れていたある日曜日。 家のインターホン...
裁判員裁判体験レポート~第2章~
裁判員裁判体験レポート~第2章~
第2章 GET THE SAIBAN-IN --2015年7月21日(火)回想-- 選任当日。ここは霞が関の東京地方裁判所。 ...
裁判員裁判体験レポート~第3章~
裁判員裁判体験レポート~第3章~
第3章 ひな壇 --2015年7月22日(水)回想-- 朝から評議室へ直行。 前日に入館証をもらっていたので、今日はボディチェックも手...
裁判員裁判体験レポート~第4章~
裁判員裁判体験レポート~第4章~
第4章 罪の重さ --2015年7月23日(木)回想-- 主に審理。 【審理】 裁判官等が取調べを行って、事実関係・法律関係等を...
裁判員裁判体験レポート~第5章~
裁判員裁判体験レポート~第5章~
第5章 Last Day --2015年7月24日(金)回想-- 最終段階。量刑。そして判決。 【量刑】 刑罰の程度をきめること...
裁判員裁判体験レポート~編集後記~
裁判員裁判体験レポート~編集後記~
編集後記 今回、私のケースでは選任日合わせて4日間の拘束でした。 あらためて考えると、きっと短いケースだったのだと思います。 裁判自体...
裁判員裁判体験レポート~裁判員の日当~
裁判員裁判体験レポート~裁判員の日当~
裁判員の日当 いままで公開しなかったけど、サイトの趣旨としてはやっぱり数字を載せるべきだし、みなさまが気になることのひとつだと思うので公開...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です