知って得する電力自由化について調べてみた

スポンサーリンク
Pocket

どうやら電力自由化とやらがはじまるみたいだ

電力自由化によって、お得な匂いがしてきたので調べてみた。

まず経緯として電力自由化とは、

1995年:電力会社に卸電力を供給する発電事業者(IPP)の参入が可能になる。また大型ビル群など特定の地点を対象とした小売供給が特定電気事業者に認められた。

2000年:2,000kW以上で受電する大需要家(電力量ベースで26%)に対して、特定規模電気事業者(PPS)による小売が認められる。

2003年:電源調達の多様化を図るため、有限責任中間法人日本卸電力取引所が設立される。

2004年:2000年に定められた基準を500kW以上に引き下げ。

2005年:2004年に定められた基準を50kW以上に引き下げ。日本卸電力取引所の市場が開設される。

2016年4月:その基準が撤廃され、一般家庭等でもIPPから購入可能になる。

はい、難しいですね、はっきり言って僕なんかじゃ意味わかんないです。

ユーザにとっては、

で?結局何すればいくら安くなるの!?

なんだけど!!

ってことで、電気の1ユーザとしては仕組みとか小難しいことは一旦どうでもいいので、今時点で判明している電気代がお得な情報だけまとめてみた。

何ができるようになるか。

自分に合ったところから電力を買うことができるようになる

これだね。

各社が競争してお得に見えるようがんばってくれると思うので、自分の生活シーンに合わせて選んでいこうと思っています。

僕は車持ってないので、ガソリンがとか自動車保険がとか言われても全くお得じゃないし、ガス料金とセットとか、インターネットや携帯料金とセットとか言われた方が選択できるわけで。

各事前予約は2016年1月かららしいのでもうできるところもあると思うけど、まだ出そろっていないと思うので、個人的にはまだ動くのは早いと判断しています。

※電力自由化が開始されるのは2016年4月から!

ちなみに、2015年12月時点で小売り電気事業者として登録されているのは119社みたい。

なんか救急車呼ばれそうw

今回はまだ詳細がわからない事が多いため、費用対効果は算出しないものとします。

日数 金額
1日 ?円
1ヵ月 ?円
1年 ?円
5年 ?円

※1ヵ月は30日として計算。小数点第一位で四捨五入

現在、新規で電気事業に名乗りを上げている会社は、

・東京ガスなどがガスとセットで割引

・携帯電話会社からは、ソフトバンクがソフトバンクでんき、KDDI(au)がauでんきなんかで携帯料金とセットで割引、もしくはポイントで還元なんかを発表していますね。

まだドコモは発表していませんが、どう考えてもドコモでんき的なものを出さざる負えない形になると思うので、ドコモユーザの僕としては、携帯料金とのセットで考えるならばこれを待つわけです。

他の業界からもこれから出てくる可能性があるので、しばらくは情報収集に努めます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です