サラリーマンこそ節約しよう!「ふるさと納税」でお得な生活。〜ふるさと納税とは?編〜

スポンサーリンク
Pocket

ふるさと納税ってお得なの?

最近ランチなどしていると隣の席から聞こえてくる

「ふるさと納税」

一体なんなの?どうやるの?という人がまだまだいるはずです。

_shared_img_thumb_pp_tsukushi_TP_V

お得なことは費用対効果を出してみなさんに情報を提供している

本ブログで取り上げないわけにはいきません!

そこで今回は「ふるさと納税」ってなんなのか調査してみます。

ふるさと納税って何?

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

(C)ふるさと納税ポータル

要約すると

ふるさと納税は、がんばれ!という気持ちで

自分が住んでいる地域に払うはずだった所得税や住民税を

2,000円支払うことで

自分が住んでいる地域以外にお金を寄付できる仕組み。

2,000円支払ってその上めんどくさい手続きして寄付するだけ!?

そんなのみんなやってるの??

ふるさと納税のお得な理由

ふるさと納税は寄付すると寄付先によっては返礼品という

その土地の特産品が寄付額に応じてもらえます。

これがお得なんです!!

2,000円の手数料を支払って

自分の地域に払っている住民税と所得税を他の地域に支払うことで、

もともとは何ももらえなかったのに特産品がもらえてしまうのです!

※他の地域に寄付しても、区や市や町からの手当等は今までどおり受けられます。

それがカニだったり

_shared_img_thumb_N116_boirusaretakani_TP_V

お肉だったり

a0731_000771

お米だったり

a0002_004870

かなり寄付すると「ノートパソコン」や「金」なども

いただける所もあるみたいです。

どのくらい寄付できるのか

寄付額は人によって異なるです。

下記は目安表になります。年収によって寄付できる金額が変わります。

全画面_2016_04_12_0_50

(C)ふるさと納税ポータル

この目安表はかなり大事です。

2,000円を負担して寄付できる金額は超えないようにしましょう。

というのも、

例えば規定の金額を超えるけどあと1,000円で返礼品がもらえるから寄付したい!となり、

寄付した場合

その1,000円については本当にただただ寄付しただけになります。

所得税や住民税の対象にはならないということです。

なので目安を超えないようにしなければお得にはならず善意になります。

気をつけてください!!

サラリーマンこそふるさと納税

そしてサラリーマンこそふるさと納税をやるべき時代になりました。

というのも、いままでふるさと納税を行うには確定申告を行わなくてはなりませんでした。

しかし、2015年4月からは

「ワンストップ特例制度」が導入され紙1枚書くだけで確定申告を行わずに

ふるさと納税ができるようになったのです。

ワンストップ特例制度とは

確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組み「ふるさと納税ワンストップ 特例制度」が創設されました。特例の申請にはふるさと納税先の自治体数が5団体以内で、ふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関 する申請書を提出する必要があります。

また、ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税からの控除は発生せず、ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税の減額という形で控除が行われます。

(C)ふるさと納税ポータル

給料明細を見て住民税や所得税にうんざりしている

サラリーマンのみなさん、是非「ふるさと納税」を行いましょう。

次回は、ふるさと納税の申請方法について紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です