サラリーマンこそ節約しよう!「ふるさと納税」でお得な生活。〜ふるさと納税サイト比較編〜

スポンサーリンク
Pocket

ふるさと納税どこに寄付する?

前回ふるさと納税とは何かを調べました。

サラリーマンこそ節約しよう!「ふるさと納税」でお得な生活。〜ふるさと納税とは?編〜
ふるさと納税ってお得なの? 最近ランチなどしていると隣の席から聞こえてくる 「ふるさと納税」 一体なんなの?どうやるの?という...

何かわかったところで、寄付をしなくてははじまりません。

寄付先は自分の故郷でなくても良く、どこでも可能です。

本当に応援したい自治体があれば、

その「自治体名+ふるさと納税」で検索すると

その自治体が作ってる公式HPから申し込みもできます。

たとえば熊本県天草市を応援したければ直接検索して

「崎津協会を世界遺産登録する取り組み」を選んで寄付することも可能なんです。

http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/one_html/pub/default.asp?c_id=225

bsAXIS141106397755

ただ、やっぱり返礼品(特産品)狙いの人が多いですよね〜。

でもちょっと待って下さい!!

ふるさと納税はどこから申し込むかによってお得度が変わってきます!!

いろいろなサイトから寄付が可能

ふるさと納税は、人気が出てきているので

いろんなサイトからふるさと納税の申し込みができるようになってきました。

例えば、ポイントがつくサイトがあったり…それだけでお得が変わりますよね。

そこで今回はふるさと納税ポータルサイトの比較をしてみたいと思います。

①ふるさとチョイス

http://www.furusato-tax.jp/

全画面_2016_04_12_21_40

こちらのサイトはとにかく掲載している自治体が多いです。

その多くの自治体に対して、

返礼品からの検索

寄付額からの検索

使い道からの検索

ができるので多くの選択肢から選びたい人はココがおすすめです。

②さとふる

http://www.satofull.jp/

全画面_2016_04_12_22_11

こちらは契約している自治体しか載せておりません。

しかし、このサイトからしか申し込めない自治体が多いのが強みです。

困ったときは電話サポートがあるのも良さそうです。

③わが街ふるさと納税

http://www.citydo.com/furusato/index.html

全画面_2016_04_12_22_01

こちらのサイトも①ふるさとチョイス同様掲載自治体が多いです。

ただ、このサイトと契約した自治体の情報は更新されますが

契約していない自治体の情報については

ほとんど更新されないので注意が必要です。

④ふるなび

https://furunavi.jp/

全画面_2016_04_12_22_28

こちらも契約した自治体のみの掲載となっております。

まだ掲載も少なく、他サイトとかぶっている自治体もありますので

普通の人は使うチャンスが少ないかと思います。

ただ特徴があります!

「ふるなびpremium」年収2,000万以上の人限定で

ふるさと納税を代行して対応してくれるサービスのようです。

私はそこまで年収ありませんので、割愛させていただきます…

⑤Yahoo!ふるさと納税

https://furunavi.jp/

全画面_2016_04_12_22_38

こちらはYahoo公金支払いが使える自治体が全て載っています。

支払い方法を絶対Yahoo公金支払いにしたい場合はこちらから探すのが便利です。

結局ふるさとチョイスなどに遷移するので、そこまで便利ではありません。

⑥ふるさとエール

http://www.f-yell.jp/

全画面_2016_04_12_22_59

こちらも⑤Yahoo!ふるさと納税と同様の使い方で

F-REGI公金支払いが使用できる自治体の紹介になります。

F-REGI公金支払いで支払いを行いたい方はこちらのサイトを利用するのが便利です。

⑦ふるぽ

http://furu-po.com/lg

全画面_2016_04_12_22_44

JTBが運営しているサイトで、契約している自治体しか載せていないので

掲載は少なめです。

しかし、ここは全く他のサイトと異なるので、掲載が限られている理由も納得です。

その理由とはポイント&カタログ制をとっているということです。

ポイント&カタログ制のふるさと納税はメリットがいっぱい!
寄附をすると特産品の代わりにポイントが付与され、お好きな謝礼品を選ぶことができます。
ポイントを使わずに貯めておき、期間限定の特産品や高額な謝礼品と交換することが可能です。
カタログにはない、ネットだけの限定商品もあるのでこまめにホームページを確認しましょう!

(C)ふるぽ

まず自治体を選んで寄付を行うと、ポイントを得られます。

そのポイントをつかって、好きな時に返礼品を選んだり

カタログを選んだりすることができます。

もしカタログを選んだ場合は、10ヶ月立つまでに返信はがきを送ればOK。

少し理解いただけたと思いますが、まずポイントをゲットし、

好きな時にポイントを交換できるのですぐにほしいものがない人にはとってもおすすめです。

さらにカタログ制度をとっているのが他のサイトにはない特徴があります。

⑧【楽天市場】ふるさと納税

http://event.rakuten.co.jp/furusato/

全画面_2016_04_12_23_05

特徴は想像通り、楽天スーパーポイントが100円で1ポイント貯まります。

利用はふるさと納税ではできないようです。

ポイントが貯めるのでお得ですが、掲載自治体が少ないのがネックになりそうです…

楽天スーパーポイントを貯めたい方はこちらを利用するのが良いと思います。

以上、比較でした。

「ふるさと納税」で検索すると一番最初に「ふるさとチョイス」が出てきますが

ポイントを貯めたい方は「【楽天市場】ふるさと納税」

ほしいものをのちのち決めたい人は「ふるぽ」など

ポータルサイトを選択することでお得になります。

是非いろんなサイトを利用してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です