管理人プロフィール

当サイト、「得する人生 損する人生」の管理人、白黒猫でございます。

よろしくお願いいたします。

得する人生損する人生管理人

得する人生損する人生管理人

【ハンドルネーム】白黒猫

【出身】東京

【性別】男

【サイト運営理念】

自分自身が試した経験、

試した結果得られた価値、

これから試したいお得な情報、

みんなに知って欲しいと思えるお得情報、

これら、自分が有益だと思ったものだけを具体例、数字をまじえながら掲載していきたい。

【たのしいと思うこと】

・白猫プロジェクト

・dアニメ鑑賞

・無料まんが

・嫁の許しがおりたときに出来る朝寝坊

・漫画喫茶、ビデオボックスで誰にも干渉されないこと

・ガジェット情報収集

・海外ドラマ視聴

【つまらないと思うこと】

・夫婦喧嘩

・怒りという感情

【得意なこと】

・嫁を怒らせる

・瞑想

・ロープレのレベル上げ

・散歩

・サウナと水風呂

【苦手なこと】

・嫁の地雷を踏まない

・虫を食べる

・朝起きる

・継続的な活動

【生い立ち】

物心ついた時、両親は離婚済み。

父親に引き取られたが、顔を合わせることはほとんどなく、母親がいないと言う理由でよくいじめられる。

自然と引き籠ってゲーム、まんが、アニメ三昧。

小学生時代に父親が再婚。

相変わらず父親とは顔を合わなかったが弟が生まれる。

よく家出をし、河川敷に穴を掘って寝床を作成したり、畑を作ろうとして警官に怒られるw

弟がとてもかわいく徐々に二人で遊ぶことが増える。

中学からは体を動かすことにはまる。

サッカー、バスケ、テニス、剣道、合気道、少林寺、空手と手を出し、剣道部では全国大会1回戦で散るが、テニスについては周囲の学校が軟式し

かなく、硬式であった僕の学校は毎年県大会から出場w

2種目で全国と県大会出場を果たし内申点大量ゲット!

当時りんごにヒビが入る握力があったが、今はiPhoneですら重く感じる。

その後内申点を使い、早稲田大学高等学院に入学。

スポーツをして学生生活を送るが、後半はやっぱり引き籠ってゲーム三昧。

主にロープレにはまったため、2,3本のタイトルを掛け持ちで進行させた場合、1週間以上外に出ないことも。

大学へはエスカレータ入学をし、イベントサークル活動に勤しむ。

就職活動を行うが氷河期の為、大手の募集が減少。

コミュニケーションべたの為苦労するが、なんとか弱小ソフトフェアハウスへ入社。

会社のやり方が嫌になってベンチャーへ転職するも、忙しすぎて1週間以上会社に寝泊まりしていたが、デスクの引きだしから炊飯ジャーを発見され社長に怒られる。

自分が何をしたいのか、やりたいことがなんなのかもわからないとき、当時流行った「金持ち父さん 貧乏父さん」の本に記載してあった「お金に働いてもらう」という言葉にビビッとくる。

そこで少しずつ勉強し投資やお得情報を手に入れるようになる。

社長と喧嘩して会社を辞める。

まともな収入を得られそうだったのがSEだけだったため、個人事業主としてフリーのSEへ転身。投資やお得情報集めは趣味として継続。

途中、10年ほど付き合っていた熊本の彼女と結婚し自由を失う(熊本はいいところ!)。

少しでも自由を手に入れようとお得情報収集に躍起になる。

5年ほどSE、パチプロを繰り返したのち、起業を考えるも断念。

自分には営業職の方が向いているのでは?と勘違いし営業スキルを磨くため不動産賃貸営業を経験するが、あまりにブラック起業過ぎて家族を養え

なくなりそうだったためSEへ復帰。売れないと灰皿が飛んでくる。

安定した収入に戻ったのち、むすめを授かりさらに自由を失う。

生活が忙しくなり、お得情報収集が疎かになる。

その後、取引先起業に誘われそのまま再就職し社畜へと転身。

家では主夫業に追われ、会社では社畜。

帰ってもご飯はない。というか僕が全員分作る。

ふと思い立って、疎かになっていたお得情報集めを再度開始。

備忘録や、結局どのくらいの効果があったのかを忘れないためにもブログを始める。

ゆったり、自由な生き方を満喫している独身者を横目で見ながら日々仕事に勤しむ。

意外と効果が大きいし、同じような境遇の人もいっぱいいるのでは!?と思い本格的にブログを開始。

自分もお得情報を手に入れて、訪問者もお得になれる人生を目指す。

あいつ今日も来てないなぁ。とりあえず僕は猫が好きだ。

得する人生損する人生は、

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得 できる手段を提供することを目的に設定された

アフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加